個人年金保険の比較ランキング

学資保険ランキング

個人年金保険とは

こんな時代だから大切な個人年金保険。どうして個人年金保険が必要なのか。
年金と言えば社会人になったら、会社員であれば、大抵の人は、ご加入されているしくみになっているでしょう。
ですが、少子高齢化が進むこんな時代ですから年金機構も、この先、どのように変わって行くのか分からなくなって来ている気がしませんか。
そんな所に、ご自身で蓄えを増やしていける一つのアイデアが個人年金保険であると考えられます。

ちゃんと続ければちゃんとした年金です

個人年金保険は、生命保険会社が取り扱っています。年金ですが、保険という名前が繋がっていますものね。
では、どこの生命保険会社に聞いたら良いのでしょう。あまり詳しい訳ではないのですが、保険と言うと
銀行とは違って元本割れするしくみが多いんです。確かに個人年金保険でも保険料の支払い途中では
解約すると元本割れしてしまうので注意が必要です。そこのあたりが保険なのでしょう。
けれどしっかりとした内容にて、無理のない計画せいのあるプランでしたら、少ないですが
ちゃんと増えて年金として受け取れる所が個人年金保険の良い所です。

個人年金保険料控除を有効に使いましょう。

また個人で確定申告などをする人であれば、見覚えがあると思いますが生命保険料控除と個人年金保険料控除という
くくりがありますから、これは、考え方次第かも知れませんが、個々に、個人年金保険にご加入して頂けた方が
国から見てもありがたい事になりますよね。ですが、ひとつ注意が、また必要な部分がありまして年金と言うと
あるお約束の年齢以降、ずっともらえるものと思いがちですが、個人年金保険では、そのように設定する事も出来ますが
5年とか10年の確定年金という種類もあります。そして、その受取り方法しだいでは、上記の個人年金保険料控除が
受けられない場合もある事が、3つ目の注意でしょう。

確定年金とは何でしょう

生きている間、ずっと受取りたいのが、どなたでも同じ考えだとは思いますが、逆説のように考えてみた場合、年金受け取り期間が
始まって3年で、お亡くなりになってしまったら、短めの5年としても、残りの2年が受け取れずに終わってしまいそう。
そう考えたら元本割れも、はなはだしいというか、とても損をしてしまった気分になりますよね。もちろん、そう感じるのは
残された遺族の方でしょうけれど。そこで、この確定と付くプランでしたら、お約束の5年とか、10年の間は当人がお亡くなりだろうが
生存していようが、お約束の期間分、年金が受け取れますので、きっと残された遺族は喜びますよね。
このあたりを良く確認されてご加入されたら安心の個人年金保険と言う事になります。

おすすめの関連保険サイト

学資保険返戻率ランキングがポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>